Googleガイドラインを遵守したホワイトハットSEO対策業者ランキング

ホワイトハットSEOコラム⑦|出現率とは

SEOにおいてコンテンツボリューム、わかり易く言うとテキストボリュームは重要な指標の一つです。テキストボリュームが少ないと、どうしてもページ内の情報が薄いと判断され、上位表示が難しくなります。かと言って、テキストボリュームだけを重要視すれば上位表示が可能かというと、それもまた違うものになります。では何を意識するべきなのか?そこで良く言われているのが、テキスト内での出現率です。

 出現率とは

ページ全体におけるテキストボリュームに対して、それぞれのキーワードが全体に占める割合の事を出現率と言います。キーワード出現率を調べるツールは多々ありますので、是非そちらで確認をしてもらえればと思いますが、Googleはテキストの内容を理解するというよりも、テキスト内におけるそれぞれのキーワードを理解している状況です。そのため、キーワード出現率は必要全的に重要な要素の一つと考えられます。

 理想的な出現率とは

では、その出現率は何パーセントを目標にすれば良いのか?というと、具体的にはありません。ただし、一つ指標となるのは、ターゲットキーワードで調べた際に上位に表示されているサイトの出現率は意識してみるのが良いでしょう。多くの場合、510%程度となっているケースが多いようです。特にコンテンツマーケティングサイトにおいては、その傾向が強いとされています。

 さらに重要な共起語

ターゲットキーワードの出現率は当然大切ですが、それと同等に捉えられているのが共起語です。共起語とは、ターゲットキーワードと共に使われる事が想定されるキーワードの事で、例えば【観光】というターゲットキーワードだとすれば、【ホテル】や【観光地】といったような観光にまつわるキーワードの事です。このようなキーワードも盛り込む事で、ターゲットキーワードの情報が豊富に揃っていると認識されます。

PR

スリードット株式会社|開業医、歯科医師のためのSEO対策に強い!

スリードット株式会社